Raspberry Piを別のPCからリモート操作

Raspberry Piにある程度慣れてくると、普段使用しているPCからRaspberry Piをリモート操作したいと思うようになると思います。そこで登場するのがVNC (Virtual Network Computing) です。 VNCは、ネットワーク上の別のPCにログインしGUI操作できるソフトで、異なるOSやPC以外の端末でも使用することができます。これを応用するとタブレットからRaspberry Piを操作したり出来るようになります。 以下にPCからRaspberry PiをGUI操作する方法をご紹介します。まず、PCとRaspberry Pi、双方がネットワークにつながっていることを確認してください。VNCではサーバ側とクライアント(ビューワー)型の2種類のツールを使用します。Raspberry Pi側にサーバソフト(X11VNC)を、PC側にクライアントソフトを、それぞれセットアップします。方法は以下の通りです。 ・Raspberry Pi側での作業まずX11VNCをRaspberry Piにインストールします。以下のコマンドを入力してください。% sudo apt-get install x11vnc いくつかの質問でYes/Noを聞かれるので「y」を選択。インストールが開始されます。少し時間がかかるかもしれません。インストールが完了したら、x11vncを起動する際のパスワードを設定します。以下のコマンドを入力します。% x11vnc -storepasswd 「Enter VNC password」と出るので、任意のパスワードを入力してください。その後、このパスワードを保存していいか聞かれるので「y」を選択します。パスワードが設定されたら以下のコマンドでvncを起動してみましょう。 % x11vnc -usepw 英語のメッセージが表示された後、The VNC desktop is:      raspverrypi:0PORT=5900 と表示されるはずです。これは、Raspberry Piアクセス用のポートを5900番で開いていることを示しています。次にRaspberry Piが使用しているIPアドレスを確認しましょう。Raspberry Piのコマンドプロンプトで % ifconfig しましょう。必要なのは「inet」のアドレスです。イーサネットで接続している場合は「eth0」を、無線lanで接続している場合は、「wlan0」を、それぞれ確認してください。「inetアドレス」が記載されています。  192.xxx.xxx.xxx のようなアドレスだと思います。これをどこかにメモしておいてください。 ・PC側での操作VNCクライアントソフトをインストールします。今回は「ultra VNC」というツールを使用します。起動すると以下のような画面がでます。"VNC Server:"に先ほどメモしたIPアドレスとポート番号を、"192.xxx.xxx.xxx:5900"のように入力して、"Connect"をクリックしてください。Passwordをきかれますので、先ほど設定したパスワードを入力して"Log On"をクリック。これで接続完了です。PC上からRaspberry Piを操作することができます。 ■ 詳細設定①起動方法先ほどの起動方法の場合、一度PC側を落とすと、Raspberry...