Raspberry PiでMinecraft! プログラミング応用編

Raspberry PiでMinecraft! プログラミング基礎編の続きになります。 前回の記事では主に簡単なブロック配置についてご紹介しました。今回の記事ではプレイヤーの位置変更やプレイヤー基準での様々なプログラミングについてご紹介します。 まずは簡単なものから始めましょう。プレイヤーの現在地座標を取得するコードです。pos = mc.player.getTilePos()mc.postToChat(str(pos)) 一行目のコードで現在地座標を取得し、二行目のコードで表示します。座標自体は画面左上に常時表示されていますが、イベントなどを自作する場合、重要になるコードです。 次はプレイヤーの周辺にブロックを配置するコードです。pos = mc.player.getTilePos()mc.setBlock(pos.x + 1, pos.y + 1, pos.z, block.STONE) 一行目は先ほどの現在地座標を取得するコードです。二行目はプログラミング基礎編でご紹介したブロックを配置するコードです。()の中を見ていただければわかるかと思いますが、自分の座標のx座標とy座標に1を加え、その場所に石ブロックを配置しています。下のコードでも同じ動作をさせることができます。xpos,ypos,zpos = mc.player.getTilePos()mc.setBlock(xpos+1, ypos+1, zpos, block.STONE) 次はスタート地点を定め、その座標からプレイヤーまでの距離を表示するプログラムです。import mathdef getDistanceBetweenPoints(point1, point2):   xDistance = point2.x - point1.x   yDistance = point2.y - point1.y   zDistance = point2.z - point1.zreturn math.sqrt((xDistance * xDistance) + (yDistance * yDistance) + (zDistance * zDistance))...