[DSM] 3DデザインをPDFでシェア!

3DデータをPDFファイルとしてシェア!  CADで作成した3Dデザインをみんなでシェアしたいと思ったことはありませんか?仮にファイルをシェアできたとしても、相手側でCADやビューワーを持っていないとファイルを開く事はもちろん閲覧することも出来ませんよね。しかし無料の3D CAD「DesignSpark Mechanical」なら、作成した3DデザインをPDF形式(3D PDF) で書き出せるため、通常のAdobe Acrobat Readerでどなたでも無料で開くことができます! しかも表示だけではなく、回転・パン・ズームなどの操作やシェーディングの切り替え、部品毎の表示非表示なども行えます。CADライセンスの有無に関係なく、どなたでも3Dデザインを閲覧し、詳細を確認することできます。ぜひ下記リンクからご確認ください。 3D PDFをダウンロード ↑ 右クリックメニューで "名前を付けて保存"し、AdobeのPDF Readerで開いてみてください。下図のように表示されます。(ブラウザで開いてしまうと何も表示されない事があります。) 3DデザインをPDF形式で保存するには? 保存したいデザインをDesignSpark Mechanical上で開き、ファイルタブをクリック、「名前を付けて保存」を選択します。 保存形式をPDF(*.pdf)として、名前を付けて任意の場所に保存するだけです。 通常のPDFと同様、保存したファイルを開くことで、3Dデータを見ることが可能です。 3D PDFの表示を変更する 3D PDFの表示機能によって、さまざまな状態に切り替えることができます。(Adobe Acrobat Readerの例) 表示のズーム回転 マウスのドラッグでモデルを回転させたり、ホイールでズームしたりすることができます。モデルをパンするには、左右クリックを同時にしながら、ドラッグしてください。Model Treeから拡大したいパーツやモデルそのものを右クリックし、[Fit Visible]オプションを選択すれば、用紙の大きさに合わせて、自動でちょうどいい大きさに拡大されます。 また、パネルのあらかじめ指定されたビューを選択することで、自動的にその向きで表示することもできます。 表示の切り替え 複数パーツあるモデルでは、パーツごとに表示の有無を切り替えることができます。Model Treeのチェックをつけるか、はずすかを切り替えるだけです。 また、シェーディングのスタイルもパーツごとに切り替え可能です。スタイルを変更したいパーツをModel Treeで右クリックして、[Part Render Mode]から、変更したい表示方法に切り替えることができます。 ここでは、[Illustration]を選択しました。選択したパーツだけがイラスト表示となりました。