DesignSpark PCB リファレンスデザインの使い方

この記事では、Designspark PCB リファレンスデザインカタログに掲載されているリファレンスデザインの使い方についてご紹介します。回路図、PCBレイアウトデータの開き方、ライブラリの読み込み方、BOM注文の仕方、3D表示、Designspark Mechanicalへの書出し方について説明していきます。 リファレンスデザインカタログとは リファレンスデザインカタログでは、有名メーカーのリファレンスデザインやオープンソースハードウェアプロジェクトのデザインをDesignspark PCB形式で無償で提供しています。提供されるデザインには、通常、回路図ファイル、PCBレイアウトファイル、部品ライブラリ、部品表が含まれています。リファレンスデザインはそのまま利用することももちろん可能ですし、回路図とライブラリを用いて、独自の基板を作成することも可能です。デザインは世界で随時追加されています。 デザインのダウンロード まず、カタログページにアクセスして、メーカーを選択します。たとえば、ROHMの製品を見てみます。 すると、ROHMのページに移り、メーカーごとのデザインの一覧が表示されます。ダウンロードしたいデザインを選んでください。 ルネサスのGR-KURUMIボードのページに移動して、デザインをダウンロードしてみます。デザインをダウンロードするには、記事の冒頭にある"リファレンスデザインをダウンロード"というボタンをクリックしてください。場合によっては、記事の一番下のDownloads欄からダウンロードするタイプのページもあります。Zipファイルがダウンロードされますので解凍してください。 解凍すると、フォルダの中身は次のようになっています(ダウンロードするデザインによって多少異なります)。拡張子が.prjのファイルがプロジェクトファイルとなっていますので、通常Designspark PCBを利用する際は、このファイルを開いてください。拡張子が、.schのファイルが回路図、.pcbのファイルがPCBレイアウトとなります。.csvのファイルは、部品表です。 さらに上記、Libraryフォルダの中には部品ライブラリ用のファイルが6つ(コンポーネントライブラリ、回路図シンボル、PCBシンボルファイルが2つずつ)入っています。 リファレンスデザインに含まれるファイル一覧 拡張子 ファイルの種類 説明 .prj プロジェクトファイル  プロジェクトを管理するファイルです。リファレンスデザインを参照する際は、このファイルを開いてください。 .sch 回路図ファイル  回路図のデータの入ったファイルです。このファイルを直接開くことも可能です。 .pcb PCBレイアウトファイル  PCBレイアウトのデータの入ったファイルです。このファイルを直接開くことも可能です。  .csv CSV形式部品表  CSV形式の部品表です。通常、Excelなどで開くことができます。 .txt DRCエラー説明書  DRCをかけると、エラーが出ることがありますが、それに関する注意書きです。 .cmx, .cml コンポーネントライブラリファイル  コンポーネントのデータが入っています。 .psx, .psl PCBフットプリントファイル フットプリントシンボルのデータが入っています。  .ssx, .ssl 回路図ライブラリファイル 回路図シンボルのデータが入っています。    デザインの読み込み Designspark PCBを起動して、.prjファイルを開いてください。このようなファイル一覧が表示されます。回路図やPCBパターンを開きたい場合、一覧のファイル名をダブルクリックします。 すると、このようにアイコンがハイライトされ、それぞれのファイルを開くことができます。...