20ドルのPC 「Raspberry Pi A+」

Raspberry Piシリーズの新製品、Raspberry Pi A+がついに登場しました。既存のモデルAよりもさらに小型・低消費電力でありながら値段はたった20$と歴代最安値となります。 Raspberry Piはより電子・情報教育を促進し、明日のソフトウェア/ハードウェアエンジニアやコンピュータ科学者を育成するためのツールとして進化し続けています。 Raspberry Pi A+をより詳しく見てみましょう 上の写真の左からB+、IOボード、A+となります。A+のハードウェア構成としてはモデルAと同様、BroadcomのARMプロセッサと256MBのメモリを搭載しています。それでいながら従来よりもエネルギー効率が良くなっており、さらに上位モデルのB+に採用された改善点が反映されています。 サイズ - 55mm × 65mm、23g。これはモデルAよりも8g軽く、42gであるモデルB+よりも19g軽くなっています。GPIO - 新型上位モデルであるB+と同様に40本のGPIOヘッダーを搭載しています。また、A+上のGPIOと取り付け穴の配置はB+と同じ位置にあるため、B+用のHATSと互換性があります。MicroSD - B+と同様にMicroSDカードスロットを搭載しています。消費電力 - USBポートが1つ、イーサネットなしではあるものの、スイッチングレギュレータ回りの回路設計の強化により、元々低消費電力であったモデルAよりも20%~25%低減されています。オーディオ - 専用の低ノイズ回路により、オーディオ品質が向上されています。 モデルA+のフォームファクタと機能は、ポータブルバッテリー駆動アプリケーションに最適です。プロジェクトや製品に接合するための、よりコンパクトなソリューションを必要とする方はぜひ一度ご検討ください。 Raspberry Pi A+ is now on Sale at RS Components and Allied Electronics